弁護士 林 知一

弁護士 林 知一

Tomokazu Hayashi, Partner

沖縄県生れ。

 

林弁護士は、企業法務のエキスパートです。

 

企業間取引の設計・契約交渉・ドラフティングを通じてビジネスを力強くかつ細やかにサポートする業務スタイルに、国内外のクライアントから信頼を寄せられています。国内大手クラウド事業者におけるGDPR(General Data Protection Regulation)の体制構築の実績も有します。投資スキーム、ジョイントベンチャー事業、国際取引に明るく、これら複雑な事案の訴訟も手掛けています。

芸術・文化事業の支援をライフワークとしており、著名美術家の財団や実演家団体等の理事を務めています。ロンドン大学ゴールドスミスカレッジで文化政策・アートマネジメントの修士過程を修め、国内外の文化政策に明るいというユニークなバックグラウンドも有します。

業務分野

クラウドサービス、金融取引、投資ファンド、ジョイントベンチャー、アートマネジメント&文化事業、国際取引、ベンチャー、知的財産、個人データ、建築、不動産、スポーツ、訴訟・紛争解決

言語

日本語、英語

経歴

2017年 小川綜合法律事務所(パートナーとして参画)

2008年 西村あさひ法律事務所(シニア・アソシエイト)

2007年 弁護士登録(新60期、第二東京弁護士会所属)

学歴

2016年 Goldsmiths, University of London

    (MA Arts Administration & Cultural Policy with Merit)

2015年 Queen Mary University of London (LLM with Distinction)

2006年 慶應義塾大学法科大学院

2002年 東京大学法学部

講演歴

2021年 舞台芸術制作者ネットワーク勉強会「舞台芸術と文化政策勉強会(第2回)劇団において「働く」とは – 「労働者」としての法の保護をどう考えるか」
2020年  舞台芸術制作者ネットワーク勉強会「舞台芸術と文化政策勉強会(第1回)Ars(技芸)としての契約」
2013年 東京大学法科大学院「現代法の基本問題(法と信用)」にてゲスト講師(「日本における投資スキーム(匿名組合スキーム)の諸問題」)
2012年 成蹊大学法科大学院「コーポレートファイナンスの理論と実務」にてゲスト講師(「ノンリコースローンの法律実務」)

執筆

「追及権は欧州から世界に広がるか – 初の国際会議で高まる関心」(新美術新聞)(2018)
「ロンドン留学便り」 (Theatre & Policy)(2016〜2017)
「The Private Equity Review (Investing, Japan Chapter)」(The Private Equity Review. 1st-3rd editions)(共著、2012年、2013年、2014年)
「Limitations on deductible losses for bad debt reserves」(International Law Office Newsletter)(共著、2012年)
「投資事業有限責任組合の契約実務」(商事法務)(共著、2011年)
「投資組合の組合事業の損益に係る所得計算の方式 」(西村あさひ法律事務所ビジネス・タックス・ロー・ニューズレター)(共著、2011年)
「最近の投資事業組合を巡る事業環境の変化を反映した 投資事業有限責任組合モデル契約書の作成に関する報告書」(共著、2010年)

報酬体系

原則としてタイム・チャージになります。事案の類型によって着手金・報酬金の仕組みをとります。受任に際してご説明します。